エイジングケアのお供に

アスタキサンチンは、強い抗酸化作用を持っていて、活性酵素を除去したり、活性酵素による細胞の酸化を防ぐいだりする役割を果たします。

とくに肌の老化現象を引き起こす活性酵素に対する作用が強いため、アンチエイジング対策にぜひ取り入れたい成分です。

アスタチサンキンは、熱を加えると、赤みを帯びる性質があり、エビやカニなどの甲殻類の殻の部分や鮭やいくらなどに含まれています。

アスタキサンチンを含有する食材は限られているため、毎日継続して摂取するには、食材のみに頼るのではなく、サプリメントを利用する方法がオススメです。

アスタキサンチンのサプリメントを服用する際には、飲むタイミングに注意することが大切です。

アスタキサンチンは脂溶性のため、食前に服用すると体内に有効成分が吸収されることなく、体外に排出されてやすく、食事中または食後に摂取することが望ましいです。

食事中や食後に摂ることで、食べ物が消化吸収されるのと一緒にアスタキサンチンが体内に吸収されやすくなります。

アスタキサンチンは、摂取してからおよそ6時間後に血中濃度が濃くなります。

そのため活性酵素の増える日中にアスタキサンチンの抗酸化作用を期待するのであれば、朝に摂るのがよいでしょう。

また紫外線やストレスのダメージを受けた肌のために、毎朝、アスタキサンチンをサプリで摂りたいものです。

よりエイジング効果を高めるには、1日に3~4回、摂取間隔を空けて摂るのがオススメです。

関連記事

美容に健康に効果。アスタキサンチンの魅力

アスタキサンチンと脂肪燃焼の関係とは?