アスタキサンチン サプリのおすすめは?

トップページ
お気に入りに追加

アスタキサンチンの効果をサプリで実感

アスタキサンチンとは、カロテノイド色素の一種で蟹やエビなどに含まれている成分です。

ビタミンEの1000倍、ビタミンCの6000倍もの、高い抗酸化力を持つことで注目されている成分の1つです。

抗酸化力とは、私たちの体の健康や美容にさまざまな悪影響を及ぼす「活性酸素」を除去する働きのことです。

活性酸素は、病気や老化の原因と考えられており、活性酸素が増えることを防ぐことで疲労回復や生活習慣病の予防、コレステロール値の低下、血行促進による冷え性などの改善、さらに紫外線から肌を守り、美肌や美白、アンチエイジングにも嬉しい効果が期待されています。

lkhgfhgh

アスタキサンチンは、人間の体内には存在しない成分であるため食品から摂取するしかありません。

アスタキサンチンを含む食品は、サケなどの赤色をした魚、イクラやスジコなどの魚卵、カニやエビなどの甲殻類。甲殻類は甲羅や殻の部分に含まれているので、小エビなどは殻ごと食べるのが理想です。

ですがアスタキサンチンを含む食品は限られているので、毎日摂取するのは意外と難しいかもしれません。

そこでおすすめなのがアスタキサンチンのサプリメントです。サプリなら、メニューを気にすることなく毎日手軽に摂取できます。

また、サプリメント以外に化粧品にも使われ始めています。

他の抗酸化物質にない優れた抗酸化作用を持つ

細胞の中で白血球は、酸素を使って体内に侵入した細菌やウイルスなどからカラダを守るために、活性酸素を作り出します。活性酸素も人間の体にも必要なものなのです。

しかし、強い精神的ストレスを受けたり紫外線や大気汚染にさらされたり喫煙や激しい運動などでも、活性酸素は過剰に生産されてしまうことがあります。

活性酸素は、電子的に不安定なつくりになっていますので、活躍する場所がないと、安定したいために周りの細胞から電子を奪い取ってしまします。電子を奪られた細胞は酸化し、老化してしまうのです。

抗酸化作用とは酸化しやすい物質のことで、活性酸素が安定しようとする時に積極的に活性酸素に酸化されに行きますので、体内の細胞が酸化される事を防いでくれるのです。

抗酸化物質は、ビタミンC、ビタミンE・βカロテン・ポリフェノール、水素(水素水)など色々ありますが、それぞれ特徴があります。

アスタキサンチンは、他の抗酸化物質が通過できない「脳関門」や「網膜関門」を通り抜けることが出来るという事が大きなポイントです。

目の網膜や脳は、人間にとってとても重要な器官です。しかし、そういった場所でも活性酸素は発生し、細胞を脅かします。その脅威から守ってくれるのが、アスタキサンチンなのです。

美容面への期待が高い成分

紫外線は活性酸素を生成する要因の一つであり、この活性酸素は細胞の老化を早める原因とされます。そして、それを防ぐのに効果的なのが抗酸化作用です。

酸化というのは、物質が酸素と結びつくことを言い、酸化することで物は劣化するのです。切ったリンゴがだんだん茶色くなるのも酸化の作用が原因です。そして物質が酸化することを防ぐことを抗酸化作用と言うのです。

アスタキサンチンには、抗酸化作用があり、その働きによって活性酸素を抑制する効果が期待され、それが肌の老化を抑えることに繋がります。

また、アスタキサンチンにはメラニンの生成を抑制する作用もあるので、紫外線の影響で発生したシミやソバカスの改善にも効果が期待されていまいます。

他にコラーゲンの生成を助ける働きをします。コラーゲンは、保湿効果に優れている成分であり、肌に潤いを与え環境を整えてくれます。

そして肌の環境が良くなるとターンオーバーが正常に機能して、角質の入れ替わりが行われ、そしてハリのある肌へと生まれ変わるわけです。

このようにアスタキサンチンは、美容面から見た効果が複数期待され、サプリだけでなく化粧品などにも多く取り入れられているのです。

アスタキサンチンのサプリで副作用の心配は?

アスタキサンチンをサプリで摂取する場合、気になるのが副作用。サプリメントだとついつい摂取しすぎてしまい、体に悪影響を及ぼしてしまうことはないのか、不安になりますよね。

しかし、アスタキサンチンは過剰摂取しても副作用と呼べるような弊害がほとんどないことがわかっています。

緑黄色の色素のひとつ、カロテノイドと一緒に服用すると、カロテノイドの吸収が若干悪くなりますが、カロテノイドの効果をゼロにするものではないですし健康に悪い影響を与えるものではありません。

安心して服用できるアスタキサンチンのサプリメントを毎日の習慣にして、健康力と美容力をアップさせたいですね。

アスタキサンチン サプリメントの効果的な摂り方

強力な抗酸化パワーが健康と美容に効果を発揮してくれるアスタキサンチン。成人の1日に必要なアスタキサンチンの摂取量は2mgから6mgなのですが、より効果を実感したいなら毎日6mgを摂取したいものです。

これを食べ物で摂る場合はサケで2切れ、イクラだと200gほどになります。食材を購入して調理して食べるのは、なかなか継続することが難しいので、サプリメントを利用して毎日手軽に効果的に摂取するのがおすすめです。

ここでは、アスタキサンチンのサプリメントをより効果的に摂るためのポイントをまとめてみました。

アスタキサンチンのサプリはいつ飲む?
アスタキサンチンのサプリメントは服用してから約6時間~9時間後に血中濃度が最も高まります。サプリメント服用後6時間以降に徐々に効果が高まってくるのです。日中はストレスや紫外線などで活性酸素が増える可能性が高いので、それにあわせて朝の時間帯にアスタキサンチンのサプリメントを飲むのがおすすめです。
アスタキサンチンのサプリは、食前か食後か?
アスタキサンチンは脂溶性物質なので、胃で食物の脂肪分が分解される時に、消化の助けを借りることで吸収されやすくなります。なので、胃で活発に消化が行われている食事中、もしくは食後すぐに飲むのが理想的です。
アスタキサンチンのサプリの飲み方は?
アスタキサンチンは脂溶性物質なので、油と一緒に摂取するのが効果的です。また、ビタミンCやポリフェノール、アントシアニン、DHAなどとあわせて摂取すると抗酸化作用がさらに高まるのでおすすめです。

hdggj

アスタキサンチンサプリは、妊娠中や授乳中のママも飲んでもいいの?

妊娠前はあまり気にせず飲んでいたドリンクや健康サプリも、妊娠中・授乳中となると話は別です。

赤ちゃんのことを考えたら口に入れるものは特に気を遣うようになります。育児中のママだって、アスタキサンチンの高い抗酸化力で日々の疲れを癒したり、美肌になりたいですよね。

妊娠中・授乳中もアスタキサンチンサプリを飲んでも大丈夫なのか気になりますね。

国立健康・栄養研究所の調べによると、食品に含まれるアスタキサンチンと同じ量であれば問題がないとしていますが、妊婦さんや授乳中のママはできるだけ食品から摂ることが望ましいとも言っていますから残念ながらあまりおすすめできません。

ですが妊娠中に必要な葉酸のサプリはしっかり飲んでください。アスタキサンチンはママと赤ちゃんの健康のためにもバランスのよい食事でまかなっていきましょう。

赤ちゃんが断乳するまでの辛抱です。どうしても食品では摂取できないなどの理由がある時は主治医と相談されるといいでしょう。